ブログ

ウッディーラのスタッフ紹介

ウッディーラの入口から一番近い席で皆様をお出迎えしているのがスタッフ梅村です。

梅村は、ウッディーラの様々な経理や事務作業を担当しています。お客様や他スタッフへの気遣いがあたたかく、皆から頼られる存在です。

プライベートでは、裏は森というような、大自然の中に旦那様と息子さん、黒柴くんの3人と1匹でお住まいです。筍や梅など収穫して、季節を楽しみながら暮らしています。登山やハイキングにも、昔からよく出かけていたようです。まさに心に”森”を持った、ウッディーラの大切なスタッフです。

そんな梅村にも弱点があり、虫や蛇はあまり得意ではないようです。ウッディーラ周辺を昼休みに散歩していた際に、発見した蛇(青大将)に驚き、梅村の悲鳴が近隣の森に響き渡っていました。

 

弊社、もしくは森林会館にお越しの際、梅村がご対応させていただくことが多いかと思います。どうぞお気軽にお声がけください。よろしくお願いいたします。

 

ブログ

原木市場に行ってきました。

本日、代表の樋口が原木市場に行ってきました。

ヒノキの大径材(直径40センチ以上のもの)が多く出品されていましたが、ウッドショックの影響から、原木の相場も3割ほど高いようです。

 

丸太を製品に加工していくために、適当な太さにスライスし、乾燥させていきます。

木を扱う仕事はスケールが大きくて、どの工程も大仕事です。

製品になり、皆様の手元に届くのが楽しみです。

 

ブログ

豊田市の木を使った御朱印帳ができるまで    vol2.加工過程を見守る

豊田の木を使って御朱印帳を作るプロジェクトが着々と進んできています。一枚一枚、手作業で仕上げていく御朱印帳の過程をご覧ください。木を扱っているので、それぞれの表情も様々。質感を楽しみながら加工の途中経過を楽しんでいます。

 

豊田の杉の木をスライスしていきます。背に当たるところは少し削って滑らかに。

木の表情でもありますが、節の目立つ木板は今回は取り除いていきます。

代表 樋口の手捌きの良さと言ったら。テープ巻きの速さに驚きました。さすが職人!

特殊な機械で木の表面にUV印刷をしていきます。

全色仕上がってきました。ここから和紙を貼っていくため、京都の職人さんに送りました。

 

豊田の木が加工され、皆さんの手元に届く日が今から楽しみです。

御朱印帳プロジェクト

 

#御朱印帳 #プロダクト