ブログ

公共建築物等への木材利用促進勉強会を開催しました

8月22日(木)に、「公共建築物等への木材利用促進勉強会」を西垣林業豊田工場にて開催し、豊田市内外から28名の方々にご参加いただきました。

まずはじめに、豊田市役所森林課の川合副課長より、豊田市の森林の概要と、豊田市産材を活用して公共建築物を建てる際の先行発注事例として、先行発注におけるメリットやリスクについてご紹介いただきました。

次いで、ウッディ―ラー豊田の理事長である樋口より、ウッディ―ラー豊田の森と街をつなぐ役割についてと、これまでの取組実績を紹介させていただきました。

 

メイン講師としてご登壇いただいた株式会社東畑建築事務所の久保主任技師と中牟田主任技師には、公共建築物への木材活用における多面的な意義や効果をはじめ、「木造化」と「木質化」を比較しながら「目に見える・手に触れる」をキーワードに、木材活用の課題・解決策など、実際に講師のお二人が手掛けた事例を基にお話ししていただきました。

 

その後、参加者の方々にグループに分かれていただき、木材活用に対して「現状の課題」と「実践したいこと」をテーマにワークショップを行いました。

ワークショップでは、各グループで活発に意見交換が行われ、全100件以上の意見が出ました。

今回の勉強会は自治体職員の方々に向けた勉強会で、建築の専門職の方もいれば、そうでない方にも参加いただき、講義とワークショップの2ステージ制で開催し、それぞれの課題等多数のご意見をいただくことができました。

勉強会でお答えできなかったご意見や当日の講義内容については、今後ホームページに掲載していく予定です。

 

今回の勉強会は、ウッディ―ラー豊田にとっても参加者にとっても有意義な会となり、盛況に終えることができました。

市内外から多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。

ブログ

11/23(土)6歳になったら机を作ろうin 愛知開催

11/23(土)ウッドトイカーニバル2019にて
6才になったら机を作ろう!を開催します。

小学校入学前のお子さんを対象に、自分の学習机を自分で作るイベントを開催します(※6歳すぎていても大丈夫ですよ)。
塗装していない無垢の木肌を感じながら、親子または三世代で、のこぎり・ドリル・ハンマーなど本格的な工具を使い、豊田市産材で自分の学習机を手作ります。

七五三のように、「6歳になったら自分の学習机を自分で作る」という新しい習慣・文化をつくることを目指しているこのイベントは、環境省グッドライフアワード特別賞受賞、ウッドデザイン賞2017を受賞しました。
2014年の開始以来、東京品川・高知・滋賀彦根・東京八王子の4カ所で開催され、のべ100組以上の親子が学習机を作りました(2018年1月4日現在)。上記開催では募集後すぐに定員に達し、キャンセル待ちが出るほど人気です。

 

ウッディーラー豊田主催のイベントでは、飛騨の匠の技を受け継いだ国産家具の飛騨産業が学習机キットを製作。クオリティの高い学習机が家族で作れます。

 

<開催概要>
■主催: 一般社団法人ウッディーラー豊田
■協力: 豊田市役所 産業部 森林課、飛騨産業 https://kitutuki.co.jp/
■日時: 2019年11月23日(土)10:00~15:30(昼食は各自)
■会場: 松坂屋豊田店 サンシャインホール8F
■参加費:90000円(税別・送料別途) ※自家用車で持ち帰りもできます。
■参加申込: 子供とおでかけ情報iko-yo「いこーよ」https://iko-yo.net/events/173253/news/48255
■申し込み:受付中
■参加資格: 5歳以上(※6歳すぎていても大丈夫ですよ)
■参加人数: 先着7組

 

イベント動画
https://www.youtube.com/watch?v=cOIMXh3IrUY

ブログ

【メディア掲載】中日新聞に掲載されました

2019年8月4日付の中日新聞に、「6歳になったら机を作ろう!in 愛知」開催記事が掲載されました。

 

イベントには3組のご家族が参加してくださいました。
ハンマーやのこぎりを使って、ひとつひとつ組み立てて作った机。
皆さん最後は、達成感とともに満足げな様子でした。

 

「6歳になったら机を作ろう! In 愛知」は11月にも開催予定です。
ご興味のある方は、今後のウッディーラーHPやフェイスブックをチェックしてくださいね。