ブログ

【街に木製品を増やそう】勉強会・体験会 開催のお知らせ

 

 

【街に木製品を増やそう】勉強会・体験会のお知らせ

街中に木製のベンチやテーブルなどのファニチャーの導入を検討する場合、その方法や導入コスト、維持管理の方法が具体的に分からないことがあり、二の足を踏んでしまうケースを耳にすることがあります。

そこで、これまでにウッディーラー豊田が関係した木材の活用事例を紹介し、導入方法・価格・維持管理方法について解説とメンテナンス体験を企画しました。

どの様に、木材の屋外利用を始めるのかウッディーラー豊田理事の小野健氏から解説します。

木材は屋外使用をすると表面部分が経年変化し味わい深くなる素材ですが、定期的にメンテナンスすることで長く使用できます。

木材塗料の専門家の武田和哉氏からレクチャーを受けれる特別な機会となっておりますので、ぜひ、ご参加くださいませ。

 

【日時】令和2年2月20日(木) 13:30〜16:30
【場所】豊田市職員会館 (豊田市西町2丁目19)
地図リンク:https://goo.gl/maps/5LwqtvZgAHuzkpTM8h
(お車でお越しの方は、豊田市役所駐車場をご利用ください)
【定員】30名 無料
【申し込み】 申し込みフォームはこちらから

【問い合わせ】0565−77−3773 または office@woodealer.jp

 

ブログ

地域での家づくり&DIY講座 開催のお知らせ

【地域での家づくり&DIY講座】開催のお知らせ

森林から家づくりに必要な木材を伐り出して建築することは、森づくりに繋がります。

今回の講座では、家づくりの基本と住まいに木材を使うことを学びながら、DIYで「ミニ椅子」を作ります。

椅子作りは、お子様でも体験できるようにキットにしています。

この機会に、地域材に触れてみてはいかがですか?

 

【日 時】2月8日(土) 13:00〜15:00

【場 所】森林会館 (豊田市東広瀬町高根下24−1)

(地図)https://goo.gl/maps/kWCLMtjf4twqt4NS8

【参加費】500円 (椅子1組につき)

【対象者】地域材の活用方法や木工に興味がある方

【申し込み先】https://forms.gle/91x9oNHjqCCT2YV2A

 

 

 

ブログ

異業種に学ぶ〜林業と繊維業界価格競争の末に見つけた商品開発〜勉強会開催

【異業種に学ぶ】
林業と繊維業界価格競争の末に見つけた商品開発

林業は家業として代々受け継がれて行くものでしたが、近年では輸入木材の台頭で国産材の需要が減り、業として成り立たなくなってきた経緯があります。
そのため所有する山林を放置したり手放す山主も増える中で、地域の山林は荒れていき、また、産出される木材を加工する製材工場も激減していきました。
この地域の林業を100年のスパンで健全な森に再生するためには、どのような知恵が必要なのかを考えていきます。

今回は、2名のゲストをお迎えして今から実践できるアイデアをみなさまと共有して、地域の未来を作っていきたいと思います。

異業種に学ぶことで見えてくるヒントで、ご自身の未来に活かせる内容となっておりますので、ぜひご参加ください。

日時:1月30日(木)15:00〜17:00
場所:とよたエコフルタウン
(パビリオン内プロジェクトゾーン)
https://toyota-ecofultown.com/#access

参加費:無料
先着:30名

【申し込みフォーム】
https://forms.gle/S4LDJUP5xYoTpgbH9

 
ブログ

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
一般社団法人ウッディーラー豊田です。

 

昨年は、大変お世話になりありがとうございました。今年も引き続きお世話になることと存じます。
プロジェクトの成功のためにも、誠心誠意、全力で取り組んでいく所存ですので、より一層のご指導、ご鞭撻をいただければ幸いです。
本年も、なお一層お引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

 

一般社団法人ウッディーラー豊田
代表理事 樋口真明

ブログ

とよたの森に住まう(Vol.2 暮らしに触れる編)開催しました。

去る、12月14日に「とよたの森に住まうツアー」開催しました。

今回は稲武地区に行き、そこでの仕事ぶりや生活のことをfirst-hand代表の松島周平さんとヒトトキ主宰の松島知美さんご夫妻に伺ってきました。

マイクロバスで移動するため集合場所は、森林会館。敷地内には「四季桜」が咲いています。

 

 

はじめに立ち寄ったのは、稲武近郊の里山のコナラ広葉樹林です。

ここでは、歩きながら「針葉樹」と「広葉樹」をそれぞれに育成している人工林の違いや、間伐の経緯、どのように生活のなかで木材を利用するのかを説明しました。また、広葉樹特有の年輪の育ち方や、土壌の保水力の事を観察してきました。

見学先の山には、コナラ・ソヨゴ・リョウブなど、家具やクラフトに利用できる樹種が育成していました。

スギの人工林を見ながら、間伐について説明をしています。

コナラの山です。手前は試験的に伐採した様子で、奥にはコナラが立ち並んでいます。

コナラの年輪を観察。

土の匂いも嗅ぎました。

実際に重さを感じてみます。

今後は、スギ・ヒノキの針葉樹のほか、広葉樹の活用にも注目していきます。

リョウブの小枝を持って、first-handさんの工房に移動です。

 

 

first-hand代表の松島周平さんに、工房の案内をしていただきます。

よろしくお願いします。

松島周平さんから、工房見学での注意点やこの工房で作られる作品や商品の説明を聞きます。

 

 

いざ、工房の中へ!みなさん、興味津々です。

持ち込んだ、リョウブの枝で「グリーンウッドワーク」の体験。

みんなで枝を削ってみました。シュルシュルと削れて気持ちいい。木のフレッシュな香りも楽しみました。

 

ここからは、「ウッドターニング」の実演です。木材を回転させながら削り出していきます。

使う木材は、あらかじめ見学先の山から切り出した「リョウブ」です。

だんだんと形が出来ていきます。完成に近くほどに、みなさん前のめりに。

モミジの小枝を飾って「一輪挿し」が完成しました。

みんなでパチリ! 以上、工房見学でした。

松島周平さんありがとうございました。

次は、移動してランチです。

 

 

 

ヒトトキ−人と木−に到着。今回は、特別に貸切です。

すでに、お腹もペコペコ。中からいい香りがしてきます。

 

ランチの用意ができるまで、ヒトトキの店内にて豊田市産木材を使った家具やカトラリーをみます。

このお店の床板は、稲武産のスギを使ってリノベーションしています。

店内のランプシェードも松島さんのオリジナル。いい感じです。

 

 

「ごはんできましたよー」と、ヒトトキ主宰の松島知美さんです。

さあ、ランチの時間です。いただきます!

みなさん、ハラペコで心なしか盛り付けが多めです。

ヒトトキさんでは、旬の地元野菜を中心に優しい味付けで食事を提供しています。

 

ランチを食べながら、「稲武の暮らし」を松島知美さんから伺いました。

松島周平さん、松島知美さんご夫妻のリラックスした雰囲気でのお話しは、興味深い内容でした。

知美さんからは、大学で木工を専攻し職業訓練指導員として北海道の訓練校に就職。その後、建築・インテリア関係の仕事をする中で、体調を崩したことをきっかけに「食」の大切さを感じて料理の勉強を始めるようになったとお話しがありました。

周平さんと出会ってからは「食と家具」を中心に稲武の暮らしをしてみたいと思うようになり、移住してカフェをオープン。

知美さん曰く、料理はコミュニケーションツールでもあり、子育てをしながら地域の交流の場を提供していると思う。また、子供達に帰れる場所を作ってあげたい。と聞いて、稲武での暮らしに馴染んでいる様子が伺えました。

最後に、周平さんからは、木工を続けるのは、

「この地域の森に希望を感じて夫婦で移住してきた」

「自分が手を動かすと未来がよくなると信じて仕事に取り組んでいる」

「地域材を使って森にお金を回す」

「親が希望を持てないと、子育て出来ない」

このような、稲武での暮らしに込める思いを伺い、私も共感できるお話しでした。

地域の木材をふんだんに利用した「ヒトトキ」は、今回参加したみなさんの帰れる場所になったと思います。

 

参加者のみなさま、松島周平さん、松島知美さんありがとうございました。

(報告:樋口)

 

 

ブログ

とよたの森に住まう(Vol.1街で語ろう編)を開催しました

去る11月29日に「とよたの森に住まう」開催いたしました。

会場は、築90年以上の古民家をリノベーションした街のリビング「kabo」です。

ゲストスピーカーには、木工作家の松島周平さん、フリーランスディレクター/おいでんトレイル足助栃本代表の深谷暢樹さんの2名をお招きして、山里暮らしのエピソードをお話しいただきました。

松島さんからは、「稲武の暮らし」として、木工作家としての活動やカフェ開業までのエピソードから、これから地域で始める活動のことをお話しいただきました。

なかでも、木工製品を活かした「稲武地区の新しい動きに期待してください」と、松島さんからの発表でした。

 

深谷さんからは、「山里暮らしをはじめて」のテーマで、移住するまでの準備や苦労話を伺いました。

これからの活動として、MTBアクティビティを生かしたコミュニティ作りとして、「おいでんトレイル足助栃本」を続けて行くそうです。

会場からは、稲武地区の新しい動きや移住実践者の本音が聞けてよかったなどご意見をいただきました。

 

 

ブログ

12/14(土)豊田市での山里暮らしを実現させるための勉強会開催 / とよたの森に住まう〜Vol2.暮らしに触れる編〜

“豊田市で実現する山里暮らし”をテーマに見学バスツアーを開催します。

去る11/29(金)、豊田市中心街にある『Kabo』にて開催された「とよたの森に住まう ~vol.1 街で語ろう編~」の第2弾、実際の山里暮らしを見て触れることができるバスツアーを開催します。今回、山里生活や仕事風景を見学させていただける方は、vol.1のスピーカーでご登場いただいた家具職人・一級家具製作技能士の松島周平さんです。松島さんの工房や、奥様が営むヒトトキカフェにもご案内します。

当日は、工房見学、稲武地区の市有林散策やヒトトキカフェでの美味しいランチなど盛りだくさんの内容となっています。
山里暮らしの始め方や進め方、理想と現実が詳しくわかるツアーです。「将来、豊田市で山里暮らしをしてみたい」という方はぜひご参加ください。

  

 

■とよたの森に住まう〜Vol.2 暮らしに触れる編〜
開催日:12月14日(土)
時 間:9:30~15:15(受付9:00〜) 雨天決行
会 場:稲武地区 ヒトトキー人と木
対 象:山里暮らしや森林、木材に興味がある方
定 員:先着30名
参加費:1,500円(税込・ランチ付) ※当日お支払い

集合場所:豊田市森林会館(470-0307 豊田市東広瀬町高根下24-1)
▪バス/豊田市森林会館は、とよたおいでんバスさなげ・足助線、百年草~豊田厚生病院のバス停「石野運動広場前」から徒歩1分
▪車 /猿投グリーンロード「力石IC」を降りて足助方面へ。最初の路地を左折して1分
※集合場所には駐車場がありますので、ご自由にお停めください。

主 催:一般社団法人ウッディーラー豊田
共 催:豊田市 産業部 森林課

【お申し込み方法】
こちらからお申し込みください。Fbからも受付中

 

 

ブログ

年末年始休業のお知らせ

ウッディーラー豊田および豊田市森林会館は
下記の日程で年末年始休業をいただきます。

12月28日(土)~1月5日(日)

新年は1月6日(月)から、通常営業とさせていただきます。
皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願いいたします。

ブログ

ウッドトイカーニバル2019を開催しました

去る11月23日(土)、24日(日)、
T-FACE8・9階にて『ウッドトイカーニバル2019』が開催されました。

会場には2日間で約3700名の方が来場してくださいました。
皆様ありがとうございました。

木で物を作る楽しさ、木のおもちゃで遊ぶ楽しさを存分に感じていただけたと思います。

 

来年はさらにバージョンアップした企画をお届けしますので、楽しみにしていてください!

 

当日の様子は…

エフエムとよた「ラジオ・ラヴィート」FM78.6MHz
「ホットニュースとよたホリデー」
<放送時間>11/30(土)、12/1(日) 11:30〜11:50

ひまわりネットワーク
「とよたNOW」

以上で放送されますので、ぜひこちらもチェックしてください。

ブログ

クリスマスツリーの展示

森と街をつなげるために、豊田市産のスギを使って高さ3.5mのツリーを製作しました。
ツリー専用に伐採した4本のスギの葉をほぼ使い切ってます。
今では需要が減った「海布丸太」を利用します。
製作するのにサイズがちょうどいいです。
松坂屋豊田店2階入り口に展示していますので、ぜひご覧ください。
展示期間は、12月25日まで。