ブログ

あけましておめでとうございます

ブログ

豊田市長と地域材利用について意見交換を行いました

ウッドデザイン賞2017の受賞報告に、こじま福祉会様と豊田市の太田市長を訪問しました。

こじま福祉会の小島理事長は、運営する「こじまこども園」を木造で建設し、豊田市産木材や三重県にある社有林の木材利用を図った取り組みや母体である小島プレス工業株式会社でのスチール什器を木製に転換する取り組みなどについて説明されました。

また、ウッディーラー豊田の樋口会長からは、地域材利用を進めていく上での課題として、川上から川下をつなぐ役割を担う中間組織の必要性や、木材が持つ癒しの効果に着目した商品開発、森を知ってもらうための森林ツアーの開催などの展望を説明しました。

豊田市長からは、クルマのまち豊田から木材を生かす取り組みが全国に発信されたことや、ハードからソフトまで地域材利用の取り組みが幅広く展開されていることに、賞賛をいただきました。

市長との意見交換では、小島理事長の素材生産から加工までを自動車産業で培った生産管理に基づいた新たな取り組みを通しての気づきが、やはり出口対策も含めた連携であるなど、ウッディーラー豊田が考える課題と同じであることなど、大変有意義な時間となりました。

今後の法人化を含めた組織体制の強化など、前に進んでいくための大変な励みになりました。

ブログ

ミス日本みどりの女神がやってきました

ミス日本みどりの女神がやってきました。
本日オープンした豊田市駅前のウェルカムセンター「THE CONTAINER n6」。その木製デッキをウッディーラーが担当しました。豊田市産スギを使ったデッキです。来週には、同じ豊田市産スギを使ったオリジナルベンチも登場します。ぜひご覧ください!

ブログ

アーバンファニチャーを製作しました

先日オープンした豊田市駅前のKiTARA。この再開発事業にあわせ、駅前通りの歩道に豊田市産のスギを利用したアーバンファニチャーの製作・設置をウッディーラーメンバーの小野デザイン事務所が担当しました。テーブルとベンチが2タイプ、大小のプランター、総数65台。メンテナンスと更新が容易なように、規格の木材とスチールのフレームで構成されています。規格材を多く使用する視点から今回は「MAKER WOOD」ブランドとしてプロダクトになります。
設置後、すぐに女子高生が勉強をはじめたり、お昼時にお弁当を食べる方、休憩をする親子や年配の方、触って木の感触を楽しむ方など、都心空間に自然となじみ、自由に使われていく様子をみると今後の展開が楽しみになってきます。
みなさん、ぜひ自由に使い込んでください!

発  注|豊田市都市整備課
デザイン|都心地区空間デザイン設計者「つくるチーム」
製  作|株式会社小野デザイン事務所

アーバンファニチャーの製作・購入に関するお問合せは、小野デザイン事務所まで。
T : 0565 36 0590 M : info@onoaa.com

ブログ

ミズベリングフェスタ

明日開催のミズベリングフェスタ。ミズベリング大学の建築学にウッディーラーメンバー登場です。
講師として、小野デザイナ事務所 小野、そのほか豊田森林組合から足助産ヒノキを教材として製作しました。豊田の水辺と森、木を考えるワークショップです。みなさんぜひご参加ください。

\タイニーハウス(小屋)づくりワークショップ/ミズベリング大学3限目の建築学では、豊田の木材をつかった、タイニーハウス(小屋)づくりワークショップを建築家の小野健さん講師のもと行います。豊田からはWOODEALER・豊田森林組合が協力、…

ミズベリング豊田さんの投稿 2017年11月10日(金)

ブログ

豊田市産のスギを搬入しました

ウッディーラーが協力している豊田市駅前のプロジェクト用に、豊田市産のスギを搬入しました。これから組付けを行い11月20日までには、豊田市駅前にアーバンファニチャーが設置されます。

ブログ

「ウッドワンダーランド2017」に出展します。

明日から4日間開催される「ウッドワンダーランド2017」への搬入にきました。豊田市のブースへ出展します。皆様ぜひお越しください!

開催期間:10月27日-30日
開催時間:9:00-17:00
開催会場:ポートメッセなごや 第2展示館 2B14

ブログ

「1 derland」に出展しています

本日は「1 derland」に出展しています。起業を目指す女性向けの専門家相談ブースで、豊田の木材についてなんでも相談にのります!

ブログ

snow peak と豊田市とウッディーラー

豊田市とsnow peakの共働によるまちづくりパートナーシップ協定の締結式があり、snow peak 山井社長にウッディーラー豊田の取組みをご説明しました。
ウッディーラーも地元プレイヤーとしても様々な部分で活動できそうです。スノーピークのトレーラーハウス JYUBAKOも豊田市産木材で実現するかもしれません!

ブログ

森林の保全、そして活用へ

豊田市は東海豪雨の災害をきっかけとし、公益的機能を重視して人工林の間伐を進めてきました!

今後は豊富な森林資源を生かすことも視野に入れ、森林課はウッディーラー豊田とともに地域材利用を推し進めていきます!

森林課の詳しい情報はこちら!↓

豊田市HP森林課アドレス
http://www.city.toyota.aichi.jp/shisei/soshiki/sangyo/1004515.html

2 / 3123