ブログ

豊田市の木を使った御朱印帳ができるまで    vol2.加工過程を見守る

豊田の木を使って御朱印帳を作るプロジェクトが着々と進んできています。一枚一枚、手作業で仕上げていく御朱印帳の過程をご覧ください。木を扱っているので、それぞれの表情も様々。質感を楽しみながら加工の途中経過を楽しんでいます。

 

豊田の杉の木をスライスしていきます。背に当たるところは少し削って滑らかに。

木の表情でもありますが、節の目立つ木板は今回は取り除いていきます。

代表 樋口の手捌きの良さと言ったら。テープ巻きの速さに驚きました。さすが職人!

特殊な機械で木の表面にUV印刷をしていきます。

全色仕上がってきました。ここから和紙を貼っていくため、京都の職人さんに送りました。

 

豊田の木が加工され、皆さんの手元に届く日が今から楽しみです。

御朱印帳プロジェクト

 

#御朱印帳 #プロダクト