豊田の森とつながる新発表!
~ものづくりと森づくりのまちから~

豊田市といえば、何を思い浮かべますか?
クルマや工場、スタジアム、先進技術やエコ・・ここは言わずと知れた、世界に誇れる「ものづくり」のまちです。

いっぽう周りを見渡せば、市の7割をおおう森林、母なる矢作川、森や田畑のめぐみをいただく昔ながらの暮らしが残る山村、果樹の実り、香嵐渓のうつくしい紅葉など、豊かな自然と山村文化に囲まれたまちです。

かつて、三河地域を潤す矢作川は、木材を運び森と暮らしをつなげる交通網であり、貯木場に集められた木を利用して製材などの木材産業が生まれました。豊田市では今も、職人たちが丁寧に挽いた木をいかす、伝統的な家づくりの技術が受け継がれています。また戦後に植えられた杉や桧の森では、林業のプロからボランティアまでさまざまな人が森の手入れにかかわり、山の生業が息づいています。

豊田の森から生まれる木は、三河材の3割の生産量を誇り、木肌が美しく強度のある上質な素材として木材関係者から高く評価されています。

そう、ここ豊田市は林業が息づく「森づくり」のまちでもあるのです。

私たちウッディーラーは、この「ものづくり」と「森づくり」をつなぎ、豊かな暮らしをつくる、2つの木材ブランドをお届けします。
顔が見える味わいあるCRAFT WOOD、安心の暮らしを支える高品質のMAKER WOOD。
大きな建物から身近な家具まで、あなたに届けたい森があります。

ブランドの詳しい解説はこちら

ウッディーラーの3つのミッション

豊田市では東海豪雨の経験、そして平成17年の合併により市域の約7割を森林が占める「森林都市」となったことから、平成19年に「豊田市100年の森づくり構想」を掲げて森林整備に取り組んできました。
また平成30年には中核製材工場を誘致し、いよいよ成熟した森林資源の活用に取り組むこととなりました。

  1. 森と人の距離を近づけ、豊田に住む人、森に関わる人の暮らしと心を豊かにします
  2. 木材の利用により、人工林の手入れを促進し、健全で美しい豊田の森をつくります
  3. 木材産業の発展と創出により地域経済を活性化します

ウッディーラー5つの約束

  1. 心に森を

    木材を使うときその源流にある地域の森づくりをいつも考えます

  2. 新たな流通

    環境・経済・社会に持続可能で手に取りやすい新たな木材流通をつくります

  3. みえる産地

    適切でわかりやすい産地表示をします

  4. めぐる経済

    木材バリューチェーンをつなぎ、地域経済、国内経済に貢献します

  5. かがやく人

    森や木に関わる人がアクティブにいきいきと輝く社会をめざします

事業概要

事業名

WOODEALER(ウッディーラー)

事業内容

  • 流通コーディネート機能(製品規格、仕様書の整備/EC販売/商品開発、デザイン)
  • 情報発信機能
  • ブランドマネジメント機能(ロゴ管理)/ブレンド比率審査(第二者認証))

お問合せ先

一般社団法人ウッディーラー豊田 事務局
〒470-0307 愛知県豊田市東広瀬町高根下24-1
TEL.0565-77-3773 / E-mail.info@woodealer.jp